当店の地酒は、ほぼ毎日入れ替わります

日本酒は「四季のあるお酒です」
(春は新酒、夏は冷やでおいしいお酒の出荷、
秋は春に仕込んだお酒を秋まで寝かせたひやおろし冬はお燗酒専用の出荷など)
当店は定番のお酒と季節のお酒を取り混ぜながら
お客様に楽しんでいただこうと思っております。



簡単に「日本酒の種類」についてご説明したいと思います。

・「本醸造」   精米歩合70%以下で醸造用アルコールを添加したもの
・「特別本醸造」 精米歩合60%以下で醸造用アルコールを添加したもの
・「純 米」   米と水から作られていれば指定はない
・「特別純米」  精米歩合60%以下
・「吟 醸」   精米歩合60%以下で醸造用アルコールを添加したもの
・「純米吟醸」  精米歩合60%以下
・「大吟醸」   精米歩合50%以下で醸造用アルコールを添加したもの
・「純米大吟醸」 精米歩合50%以下

* 純米や特別純米、純米吟醸、純米大吟醸に「醸造用アルコール」は入っておりません。


醸造用アルコールとは?
「でんぷん質物(米、サツマイモ、トウモロコシ)又は含糖質物を原料として発酵させて蒸留した アルコール」
となっております。簡単に言うと焼酎・スピリッツと言うことですね。

吟醸香を引き出す又はアルコール調整をするために用います。

不純物が少なく香りのじゃまをしない上質な物を大手酒造メーカーが販売しているそうです。

しかしこの醸造用アルコールを自社で造っている蔵もあります。
日本酒蔵が焼酎を出す理由はそこにも原因があるかもしれませんね。

日本酒の尺度には「日本酒度」、「酸度」、「アミノ酸度」という3つの数値がございます。
一般的に「淡麗辛口」「濃醇辛口」「端麗甘口」「濃醇甘口」に分けられます。


「日本酒度」とは糖度を表す数値で「+」が高いほど糖度が少ないということになります。

数値が高いほど辛口となりますが「飲みやすい(俗に言う淡麗辛口)」と言うことではございません。

「酸度」は 日本酒を甘く感じあるいは辛く感じるのは日本酒度と酸度に依存することが多いです。
日本酒度が同じでも酸度が異なると、かなり違って感じます。例えば

日本酒度が+3であっても酸度が1.2だと「やや甘口」に感じますが、 酸度が2.0だと「辛口」に感じることが
多いです。


「アミノ酸度」とは、清酒に含まれるアミノ酸の総量を表す指標です。
清酒にうま味やコクを与える成分で、アミノ酸度が高いと味の幅や濃さを感じる酒となります。

少々複雑ですがちょっと頭に入れておくと役に立つかもしれませんネ。

日本酒はあまり知られていないと思うのですが新酒、一回きりの出荷ではなく
四季を通じてその季節にあったお酒が出荷されます。

まず
春は「にごり酒を少しおり引きしたかすみ酒、若干発泡しているお酒」が多く出荷されます。

夏は、どうしてもビールに偏ってしまうので、「アルコール度数をワイン程度の13〜14度位に下げ
キリッと冷やして飲みやすくしたお酒」を


秋は春に仕込んだお酒を半年位寝かせた「ひやおろし、
秋上がり」

冬は「燗酒専用酒、そして新酒やにごり酒」が出回ります。


季節のお酒を季節のお魚、お野菜と召し上がって頂ければ幸いです。